• 茶田 勉

あきらめねぇよ!!の気持ちを熱海へ


今年の初めに新年のご挨拶をさせていただいたまま、気がつけば9月… もう、年末に向けてカレンダーや年末年始用の商品のご案内をさせていただき始めました。

昨年のはじめごろからの新型コロナウイルスによる世界的な災害といっても過言ではない状況がいまだに続いておりますね。 そんな世の中において2か月前の7月3日に熱海で起こった土石流災害… まさか地元でこのような災害がおきるとは思いもよらず、身内や知人が被災者となってしまいました。


ただ、避難所として熱海市内の大型ホテルが施設を提供してくださったおかげで、被災された方々の避難生活も、個別の部屋の確保であったり、食事やお風呂などの提供もあり、ずいぶんと助けられてきました。 しかし、いまだに伊豆山地区の復旧整備はめどが立たず、長期戦となっており、被災者の方々におかれましては不安を抱えて生活されております。 自衛隊、警察、消防他、日本全国からのお力を借り、そしてボランティアの方々のお力を借り熱海は皆様に感謝の気持ちをもってがんばっておりますが、現状はまだまだ厳しいものがあるようです。


そこで、当社でも何か力になれないものかと考え、毎年9月末で集計し、寄付させていただいている「あきらめねぇよ!!東日本大震災復興支援グッズ」の今年の集計分の半分を熱海市へ寄付させていただこうと社員一同で話し合って決めさせていただきました。 今月末に一年分の売り上げを集計させていただき、寄付金の総額の半分を例年通り「NPO法人桜ライン311様」へ そして残りの半分を「熱海市あて」に寄付させていただきます。 今月末に集計がすみましたら詳細をご報告させていただきます。


取り急ぎ、あきらめねぇよの気持ちを熱海の土石流災害の復旧のために皆様からお預かりしたお気持ちを寄付させていただきますことをお知らせさせていただきました。


引き続きあきらめねぇよ支援グッズを通じての活動をよろしくお願い申し上げます。


有限会社 吉野屋商会

代表取締役 茶田 勉




最新記事

すべて表示

令和三年本年もよろしくお願いいたします。

新年あけましておめでとうございます。 昨年は新型コロナウイルスによって全世界が大きな影響を受け、 当たり前だと思われていたことがことごとくそうではないことに気づかされ、 生活環境など新たな形が日常化して広がりました。 一年中マスクをつけることが常識となり、 働き方も多様化して、出勤せずに自宅でリモートワークをされる企業が増え、 人との距離感を考えさせられる世の中になりました。 今年は昨年の学びか

お箸やタオルのあれこれを綴ります。