• 茶田 勉

レーザーで刻印を入れてオリジナル


こんばんは。 今日は箸にレーザーで刻印を入れたものをご紹介させていただきます。 通常、箸帯や箸袋にお店の名前などを印刷するのが定番ですが、写真のように 直接箸にレーザーで刻印を入れることができるのです。 昔は焼き印と言ってハンコのように鉄で作られた型を火で熱して箸に押し付けて焼き印をつけるやり方でしたが、いまではレーザーで簡単に小ロットで出来るようになっているのです。 つまり、型代もかからずに必要な本数だけ。 ということは、イベントや記念日や結婚式用の箸など様々な用途にオリジナリティを演出することができるのです。 通常のお店でお出ししている箸は箸帯や箸袋に店名が印刷されている場合がほとんどだと思います。 それも、こうして刻印を入れてお出しするといつもより高級感が増すのではないでしょうか? デザインもあまり細かすぎてしまうと文字やデザインがつぶれてしまう場合がございますが、

ある程度のものであればパソコンにデータを取り込んでできますので、オリジナルな作品が簡単に出来上がります。 興味のある方は是非お問い合わせいただけたらと思います。







最新記事

すべて表示

箸の日

おはようございます。 今日8月4日は「箸の日」です。 1975年に割箸組合が制定したものとされています。 今日が割箸の製造がはじまった日だとかそういう意味合いのある日ではなく 語呂合わせで決められた日です。 日ごろ何気にあたりまえに使われている箸。 あたりまえに身の回りにあるものですが、なければ食事の際に大変困るもの。 特に日本人においては… そんな箸に感謝の気持ちを表す日、そして箸を正しく使って

お箸やタオルのあれこれを綴ります。

© YOSHINOYA Co., Ltd.